【運営者情報】
海外用レンタルWi-Fi募集代理店
合同会社 東京六大陸
〒248-0011
神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-8-9
鎌工会館303


<PR>旅行
トップ > 世界各国 Wi-Fi事情 > カナダのWi-Fi事情

カナダのWi-Fi事情


カナダWiFi事情

カナダ・ウィスラーのWi-Fi、インターネット事情について

カナダでインターネットを使うには…!?

カナダの空の玄関口、バンクーバー国際空港
カナダでは日本よりも至る所でフリーのWi-Fiが飛んでいます。先進国だけあってさすがです。カナダの国際線の玄関口であり、日本人にもなじみ深いバンクーバー国際空港では、手続き不要ですぐにフリーWi-Fiがゲット出来たりと、とても便利。しかし、空港を離れれば新たなフリーWi-Fiを探さなければならず、都心部なら探しやすいですが、広い国土を持つカナダですから移動中などのネット接続が出来たらより安心です。今回はバンクーバーから2時間半程離れた、世界のスキーリゾートとして有名なウィスラーの街についてレポートします。では、ウィスラーでインターネットに接続するにはどのような方法があるのでしょうか。

 1. 携帯電話会社の国際ローミングサービスを利用する。
 2. 現地のフリーWi-Fiを利用する。
 3. カナダ用のモバイルWi-Fiルーターをレンタルする。

これらのインターネット接続方法のメリット・デメリットを見ていきましょう。

1. 国際ローミングサービスについて。

現地の通信会社の回線を利用して、日本で使用しているように自分のスマホを使用することです。飛行機が新たな国に着陸するや否や、すぐにSMSで通知が来て国際ローミングサービスの利用を促されますが、海外パケットし放題プランなどを契約している必要があります。モバイルデータ通信は必ずオフに設定するのをお忘れなく。この選択肢はあまり経済的とは言えません。

2.現地のフリーWi-Fiスポットを利用してみる。

カナダでは日本よりもフリーWi-Fi提供が進んでいると言われており、バンクーバー国際空港を始め、人が多く集まるウィスラーなどのリゾート地でもカフェやモールなどが独自にフリーWi-Fiを提供しています。

バンクーバー国際空港のフリーWi-Fiについて。

日本からカナダへ渡航する際に玄関口となるバンクーバー国際空港。空港が提供しているフリーWi-Fi、@yvrairportが利用可能です。ログイン画面で「I AGREE」をクリックするだけで完了。ネットサーフィンに不自由なし、SNSを見るのも問題なし、YouTubeもさくさく見ることができました。

バンクーバー国際空港  I agree をクリック ログイン完了!
バンクーバー国際空港 左下の「I AGREE」をクリック。 ログイン完了です。

 

ウィスラーの街中でのフリーWi-Fiについて。


ウィスラーは田舎ではありますが、世界屈指のスノーリゾート地です。スキー場と合わせて建設されたお洒落な街になっています。街中もカフェやスポーツショップなど各店舗ごとはもちろんのこと、スキー場内から山麓のビレッジをカバーするWi-Fiが飛んでいます。


・スキー場のWi-Fi
@TELUSというWi-Fiは、スキー場はブラッコムとウィスラーどちらでも可。山麓に広がるビレッジと呼ばれる飲食店やスノー用品ショップなどが立ち並ぶ区域でも使えます。登録は名前、メールアドレスのみ入力すればすぐに使用出来ました。入力したアドレスに登録完了のメールが送信されてきます。ただ、山麓ビレッジやゴンドラ乗り場ではわりと早いですが、ゴンドラから上がってしまうと上の休憩所など一部で使える程度です。速度はいまいちでした。少しストレスかかりますので、あまり当てには出来ません。

ウィスラーのWi-Fi、@TELUS 名前とメールアドレスを登録 WiFiログインログイン完了!
混雑するゴンドラ乗り場で登録! 名前とEメールアドレスを入力します。 ログイン完了です


・STARBACKS COFEE
@Starbacks WiFiはおなじみ世界各国で見かけるスタバのWi-Fiです。ウィスラーでは狭い範囲の街中に3件もスタバがあります。ログイン画面でAccept&ConnectをクリックするだけでOK。完了です。速度も申し分無いです。

ウィスラー市内のスターバックスコーヒー @Starbacks WiFiを選択 スタバのwifi、ログイン完了!
ウィスラーにもスタバは3軒。 Accept & Connectをクリック。 スタバのwifi、ログイン完了!


・ケンタッキーフライドチキン(KFC)
@KFC GUEST。こちらもおなじみのケンタッキーフライドチキン。ウィスラーのビレッジ内、マーケットプレイスに入っています。connect to WiFiで簡単に接続。速度もさくさくで快適です。

マーケットプレイス内のKFC ログイン画面。Connect to WIFiをクリック ケンタのWiFi、ログイン完了!
マーケットプレイス内のKFC ログイン画面。
Connect to WIFiをクリック
ケンタのWiFi、ログイン完了!


・リカーショップのWi-Fi
BCLiquorStores_Public。こちらはマーケットプレイスにある、大型のリカーショップ。カナダはお酒に関してとても厳しく、屋外での飲酒も禁じられています。特に外国人には厳しく、パスポートなどの身分証明書が無いと購入出来ません。ここでもWi-Fiが提供されていて、登録なしの同意だけで簡単に接続出来ました。

マーケットプレイス内のリカーショップ リカーショップのログイン画面。 I agree〜にチェック!
マーケットプレイス内の
リカーショップ
リカーショップのWiFiログイン画面。 I agree〜にチェックして
Continueをクリック。


・ホテルのWi-Fi
今回宿泊したのはウィスラーではメジャーなコンドミニアムのタイプのホテル。各部屋にキッチン、バス全てが揃っていて長期滞在にも向いています。Wi-Fiはすべて、部屋ごとに用意されていて、ホテルの概要が書かれた冊子にアカウント名とパスワードが書いてあります。部屋ごとのWi-Fiなので、もちろん速度は素晴らしく良いです。日本のドラマを見ても、途中で止まることも無く快適でした。ちなみに近くの大都市、バンクーバーのホテルも部屋ごとのWi-Fiが一般的なようです。

ウィスラーのコンドミニアムのフリーWiFi ウィスラーのコンドミニアムのフリーWiFi2。
クリスマスムード漂う、
ビレッジのコンドミニアムホテル。
部屋ごとにそれぞれフリーWi-Fiが用意されています。


・その他のWi-Fi
その他、マクドナルドやブレンツコーヒーなどのカフェ、日本でもおなじみのスノーブランド、サロモンやクイックシルバーといったショップも独自のWi-Fiを提供していたり、たくさんのフリーWi-Fiが飛んでいるウィスラーでした。

ウィスラービレッジの様子 ブリティッシュコロンビア州で約60店舗を展開するブレンズコーヒー。 標高約2,000mの休憩所。ここでもフリーWiFiが。
ウィスラービレッジの様子。 ブレンズコーヒーでもWiFiを提供中! ウィスラーゴンドラの頂上。
ここでもフリーWi-Fiが飛んでいます。


3. カナダ(ウィスラー)用のモバイルWi-Fiルーターをレンタルする。

カナダ用のWiFiルーターをレンタルする

カナダ用のモバイルWi-Fiルーターは出発前に国内で簡単に予約することが出来ます。受け取りは出発前の空港の専用カウンターで受け取るか、自宅やオフィスに事前に配達してもらうことも可能です。利用料金も、携帯会社の国際ローミングサービスよりリーズナブルなものが揃っています。一度接続してしまえばパスワードを再度入力することも不要なので、フリーW-Fiスポットよりも手間がかかりません。いつでもインターネットに接続できるので、フリーWiFiスポットを探してお店をハシゴする必要もありません。

--便利な利用方法1)地図アプリでナビゲーション
Googlemap ではルート検索が可能。
グーグルマップがあれば、どこへ行くのも困りません。ウィスラー内を循環するバスや、バンクーバーからウィスラーを繋ぐ高速バスは、停車駅を言ってくれません。言葉がわからなくて聞けなくても、地図を見ていれば自分がどこで降りるべきかがすぐにわかるので安心です。

--便利な利用方法2)インターネットでお店を検索したり、SNSに常時接続。
ウィスラー自体は狭い街ですが、リゾート地のため飲食店は多数あります。そんな時におすすめのお店をインターネットで一発検索。街中を歩きながらでも、いつでも検索可能です。またFacebookやInstagram、LINEなどですぐに現状をシェア出来るのも嬉しいところです。

--便利な利用方法3)スキー場内での連絡のやり取り。
ウィスラーのスキー場は、ウィスラーマウンテンとブラッコムマウンテンから成る巨大なスキーリゾート。友達とはぐれてしまった、なんていうこともしばしばあります。そんな時もそれぞれがモバイルWi-Fiルーターを持っていれば、すぐに連絡を取り合って再会出来るのでとても安心です。

--便利な利用方法4)翻訳アプリで英語に翻訳。英語を翻訳。
英語は得意ではないけれど、何か英語で確認をしたり、聞かなければならなくなった時は翻訳アプリが便利。モバイルWi-Fiルーターがあれば、どんなときでも調べられて、スムーズに事が進みとても安心です。

バンクーバー国際空港とカナダ用WiFiルーター カナダ用WiFiレンタルなら標高2000でも快適インターネット。 いつでもどこでも自分専用インターネット回線!
バンクーバー国際空港にて。
着陸したらすぐに使えます。
標高2,000mでも、快適インターネット。 ウィスラービレッジでも自分専用回線で
さくさくインターネット接続!

4. カナダでの「フリーWi-Fi」と「カナダ用モバイルWi-Fiルーターレンタル」のメリットとデメリット比較

フリーWi-Fiのメリット

@完全に無料。安く済ませたいならこれにつきます。

フリーWi-Fiのデメリット

@セキュリティ面の不安があります。傍受される可能性があることも考慮しましょう。(クレジットカード情報などの入力は避けた方が無難。)
AフリーWi-Fiのエリアを離れると使用出来なくなります。カナダは広い国土を持っていますから、長距離バスなどでの移動中はフリーWi-Fiはほぼ入らないと考えて良いです。
B新しい場所に行く度に、毎回設定画面から接続しないといけません。



カナダでのモバイルWi-Fiルーターのレンタル
カナダ用レンタルモバイルWi-Fiルーターでは、フリーWi-Fiのデメリットがリーズナブルな利用料金と引き換えに解消出来ます。

@いつでも快適に使いたい!
Aセキュリティ面でも安心して使いたい!
B英語ができなくて、フリーWi-Fiのログイン画面の確認も不安。

そんな方にはカナダ用レンタルWiFiをお勧めします。特に初めて海外に渡航する方や、一人での海外渡航に不慣れな方には心強い味方になることでしょう。


カナダ用Wi-Fiレンタルのメリット

@飛行機が着陸し電波を発する機器の使用許可が出た瞬間からインターネットにアクセスできます。
A初めて使用する時に一度パスワードを入力したらその後は自動接続。モバイルWiFiの電源を切っても、また電源を入れた時に自動で接続されます。
B自分だけのWiFiスポットなのでセキュリティも安心です。
C日本語の説明書付き。いざという時の連絡先も記載されているので安心です。
DフリーWiFiのように利用者が多くて速度が落ちる、なかなか繋がらないということがありません。自分専用のWiFiスポットです。

カナダ用Wi-Fiレンタルのデメリット

レンタル費用の他にに1点だけデメリットがあります。
それはフェアユーセージポリシーがあること。レンタル用WiFiは利用出来るデータに制限があります。 youtubeやfacebookに投稿された動画の長時間のチェック、大容量データの送受信は控えたほうがよいでしょう。大容量データをチェックしたい時や、日本のドラマをチェックしたい時などは、ホテルの提供するフリーWi-Fiを上手く利用する事がカナダではおすすめです。

結論:カナダでのインターネット接続について

カナダ、バンクーバーの街並みカナダのバンクーバーやリゾート地ウィスラーでは、Wi-Fi環境が日本よりも充実しており自由にフリーWi-Fiを使える場所も多いです。しかし、速度などの快適さやセキュリティ面を考えるとカナダ用のモバイルWi-Fiルーターが断然オススメです。

Wi-Fiルーターレンタル料も1日あたり700円前後でとてもリーズナブル。パスワードも一度設定してしまえば何度も入力せずに済むので煩わしさがありません。安全に使えて、一台あればスマホもパソコンも、友達の端末でもインターネット接続可能です。空港からの長距離移動も出てくるカナダ旅行には必須アイテムです。



(調査:2016年12月)


【関連コンテンツ】
カナダ用の海外Wi-Fiレンタル比較ページ
海外用Wi-Fiのレンタル比較 トップ
海外Wi-Fi レンタルセット一式のご案内





3. 番外編 カナダのコンセントの形状について

カナダ、バンクーバーの街並みカナダのコンセントは日本と同じ2つ穴のAタイプがほとんどです。電圧は日本が100Vに対しカナダは110V。最近の電化製品は110Vにほぼ対応しているので大丈夫でしょう。日本から持っていったパソコンや携帯充電器、ヘアアイロンも問題なく使えました。






Wi-Fi絞込み検索
【海外用Wi-Fi 絞込み検索】
渡航先

受取空港・受取方法



※絞込み検索結果ページへジャンプします。