【運営者情報】
海外用レンタルWi-Fi募集代理店
合同会社 東京六大陸
〒248-0011
神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-8-9
鎌工会館303


<PR>旅行
トップ > 世界各国 Wi-Fi事情 > フランスのWi-Fi事情

オーストラリアのWi-Fi事情

フランスwifi

フランスのインターネット事情

フランス、凱旋門近年、フランスにおいてもスマートフォンなどの携帯情報端末を持ち歩く人が増えてきます。そうした背景から、フランスでも通信インフラを整備して快適なインターネット環境を提供する流れが出てきています。ファーストフード店やカフェなどでは店内で無料wifiスポットを設置しているところが増えており、またフランスの高級ホテルでは宿泊客に対してwifiへのアクセスを提供することが当たり前になってきています。さらに数年前からパリ市とイルドフランス地方では、公衆無線LANの整備を急速に展開しています。フランスの公衆無線LANはParis wifiと呼ばれていて、2010年6月時点ではパリ市内の20区260施設で公衆無線LANが整備されました。その結果、パリ市内では合計では400か所にwifiスポットが設置されてきてきます。wifiスポットの設置場所は美術館や公園などの観光施設にもあり、観光客でも利用が可能です。なお、利用時間は午前7時から午後11時までとなっています。

Paris wifiの接続方法

フランス、エッフェル塔フランスの公共施設の多くで公衆無線LANのParis wifiが設置されているので、情報端末を持っている場合は上手く活用したいものです。Paris wifiへの接続方法としては、wifi接続ができる範囲で情報端末の画面からwifi ORANGEのネットワークを選択します。次にブラウザを起動してインターネットにアクセスすると自動的にサービス利用のログインサイトが表示されます。そこで、SELECTIONNEZ VOTRE PASSのボタンを選ぶと入力フォームに移ります。入力フォームでログインでとパスワードを設定した後、男性や既婚女性、未婚女性の呼称の他に名前や苗字、メールアドレスを入力して、チェックボックスの下の利用規約の行をチェックします。その後、me connecterボタンを押すとParis wifiの利用ウィンドウが表示され、インターネットが自由に利用できるとうになります。しかし、Paris wifiの一回の利用時間は2時間に限定されているので注意が必要です。

wifiスポット

シャルル・ド・ゴール空港

フランスの玄関口であるシャルル・ド・ゴール空港は年間で6000万人が利用していると言われ、日本からの直行便も多く発着しています。シャルル・ド・ゴール空港は巨大空港となっており、ターミナルは第1と第2、第3と3つに別れています。それぞれのターミナルは無料シャトルバスで結ばれています。また、シャルル・ド・ゴール空港内の出発階のパスポートコントロールでは、無料wifiスポットが充実していて最初の15分は無料で利用することが可能となっています。

ホテル

フランスのホテルでは、wifi環境が整っている場所が多くなっています。ホテルで無料wifiを使いたい場合には、チェックインの時に受付でホテルで使用している通信回線の名前とID、パスワードを聞いておく必要が出てきます。wifiを使う手順は、情報端末の電源を入れた後にホテルの回線名を選び、IDとパスワードを入力するだけで利用ができるようになります。なお、ホテルの中では部屋の他にロビーやラウンジでもwfi接続をすることが可能です。

マクドナルド

フランスにあるスターバックスでも、店内には無料wifiスポットが設置されていることが多いです。そのため、スターバックスならばコーヒーを飲みながらインターネットにアクセスすることができます。しかし、店舗によってはwifi環境が異なることもあるので注意しましょう。

エクスキ

フランスでも、カフェチェーンであるエクスキの店舗展開がなされています。エクスキの店舗では、必ずしも無料wifi環境が整っている訳ではないですが、大部分の店舗に無料wifiスポットが設置されています。

ラ・デファンス

凱旋門があるシャルル・ドゴール・エトワール駅から地下鉄で10分行ったところにラ・デファンスがあります。ラデファンスは近代的ビルが並ぶ副都心エリアとなっています。 また、ラデファンスには凱旋門と新凱旋門があることで有名です。さらに巨大ショッピングモールもあるので1日中飽きないスポットとなっています。 巨大ショッピングセンター内では、無料wifiスポットが設置されて、使い放題となっています。そのため、スマートフォンなどによる情報収入にも便利です。

シャンゼリゼ通り

パリで最も華やかな通りと呼ばれているものにシャンゼリゼ通りがあります。シャンゼリゼ通りでは、美しい並木道と同時にファッションや飲食、エンターテイメントなどが楽しめる場所となっています。ファッションでは、多くのブランドの旗艦店が出店しているため、オシャレを楽しみたい人には最適の場所です。レストランは、フランスの地方料理が味わえる名店が揃っています。エンターテイメントではショーが楽しめる施設があったり、世界の自動車ブランドのショールームがあったりします。また、シャンゼリゼ通りにはwifiスポットもあるそうです。

プチ・パレ美術館

フランスの美術館では、1900年のパリ万博万国博覧会の時に建てられたプチ・パレ美術館が有名です。プチ・パレ美術館では、展示室が2部に分かれています。一部は中世とルネッサンス期の絵画や美術品が展示されており、2部は18世紀家具やフランスの芸術家のコレクションが展示されています。プチ・パレ美術館はパリの8区にあり、アクセスはメトロならばシャンゼリゼ・クレマンソー駅またはコンコルド駅で下車することになります。こちらでもwifiが使えるようです。

ヴォージュ広場

パリのヴォージュ広場は、アンリ4世が1612年に世界で最も美しい街にしたいという思いから造られました。ヴォージュ広場はパリでは最も古い公園で、広場を囲む赤いレンガが印象的な場所となっています。かつて、広場の周りには貴族や作家が住むようになり、今でも上品で優雅な雰囲気が漂っています。ヴォージュ広場の最寄り駅はメトロではバスティーユ駅です。なお、ヴォージュ広場の中には公衆無線LANも設置されています。

ヴィクトル・ユゴー記念館

ヴィクトル・ユゴー記念館はヴォージュ広場の一角にあります。作家であるヴィクトル・ユーゴーはレ・ミゼラブルで有名です。ヴォージュ広場の角にフランス国旗が掲げられた場所が記念館の入口となっています。入場は無料ですが、チケットを購入すると2階へ進めます。中には、控えの間や応接間があり、家族の肖像画や手紙、板張りの装飾などが展示されています。全体的に規模は小さい建物ですが、文豪のセンスが光っている部屋のデコレーションが見どころとなっています。ヴィクトル・ユゴー記念館でもwifiが利用可能のようです。

パリ市立近代美術館

パリ市立近代美術館は、内容や規模はトップクラスの美術館です。パリ市立近代美術館は1937年のパリ万博の日本館として建てられて、1961年に美術館になりました。パリの16区に位置し、展示室からはエッフェル塔が望めるというロケーションがあります。パリ市立近代美術館では1920年代から現代に至るまでの近代美術を取り扱っています。2010年にピカソやマティスの絵画が盗難にあったことで有名でもあります。美術館では、常に企画展を開催しているのでいつでも楽しめますし、こちらの美術館でもwifiが使えるそうです。

フランスのwifiに対する結論

今後のフランスwifiの環境

フランス、市場イメージ画像フランスでは公共無線LANの整備が進み、多くの観光施設でwifiを使うことが可能になってきています。美術館や公園、遊歩道などで無料wifiスポットが設置されるようになり、情報端末を使って手軽にインターネットにアクセスが可能です。また、街中ではカフェやファーストフード店を中心に店内に無料wifiスポットを設置していく流れが出来ています。フランスでは、今後もあらゆる公共施設などでwifi環境を加速していくことが予想されます。フランスは世界的に観光客が多い国であるため、さらなる観光客の誘致にwifiスポットを活用する流れがあるからです。しかしながら、現時点のフランスのwifi環境には課題があるのも事実です。今は公共施設にあるwifiスポットは朝7時から夜の11時までしか使用できない状況があります。また、ホテルやカフェなどのwifiを利用するには、IDやパスワードを入手しないと使えません。今後、そうした点が改善されるかが課題になるのではないでしょうか。
ストレスフリーにWi-Fiを利用するなら、絶対にお勧めなのが、フランス用Wi-Fiのレンタル。日額1000円であなただけのWi-Fiスポットが手に入ります。

【関連記事】
フランス用の海外Wi-Fiレンタル比較ページ
海外用Wi-Fiのレンタル比較 トップ
海外Wi-Fi レンタルセット一式のご案内

Wi-Fi絞込み検索
【海外用Wi-Fi 絞込み検索】
渡航先

受取空港・受取方法



※絞込み検索結果ページへジャンプします。