【運営者情報】
海外用レンタルWi-Fi募集代理店
合同会社 東京六大陸
〒248-0011
神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-8-9
鎌工会館303


<PR>旅行
トップ > 旅行で使う海外携帯

海外旅行で使うレンタル海外携帯


2009年の日本の人口:1億2,707万6,183人
2009年6月末の携帯電話(PHS含む)の契約数:1億1,302万5,000件
人口普及率は88%を超える。

我々の生活に欠かすことが出来なくなった携帯電話。
便利だからこそ、ここ15年近くで爆発的に普及してきました。その携帯電話を海外旅行で使えたら旅行の楽しみ方も広がります。

hr2.png
携帯電話があれば便利なケース
hr2.png

ツアーに参加していて、仲間とはぐれてしまった時に添乗員さんへ連絡したり、社員旅行で女性はエステ、男性はゴルフと二手に分かれた後の、ディナーの待ち合わせ場所・時間の連絡。そんな時に重宝するのがレンタル海外携帯電話。
盗難や事故などのもしもの時、一番頼りになるのは海外旅行保険のサービスデスクや旅行会社の現地出張所ですが、そんな時も海外携帯電話さえあればその場ですぐに連絡し指示を仰ぐことが出来ます。
日本の友人・家族が旅行者に連絡したい時も、滞在ホテルへ電話する場合、言葉の壁がある上に本人が外出中だとタイムラグが発生してしまいます。
滞在先からの日本への国際電話も、ホテルの部屋や公衆電話などからかけられますが、海外携帯電話があれば思い立ったときにかけられます。

hr2.png
日本のキャリアの国際ローミングサービスと、レンタル海外携帯の比較
hr2.png

【レンタル海外携帯】
メリット
・通話料金が安い
・帰国後の清算が月を跨いだりすることがなく、経費精算が明確にできる。(一部のケースを除く)

デメリット
・自分の携帯番号が使えないので、新しい番号を覚えたり、友人や家族にも、その番号を教えなければならない(各社無料の事前番号通知サービスがあります。)

その他
・面倒な通話設定が一切なし(電源を入れて使うだけ)
・日本語のマニュアル付き
・特別割引あり(会社毎キャンペーン設定)


【日本のキャリアの海外対応携帯】
メリット
・渡航先でも普段と同じ番号、メールアドレスが使える。
・使い慣れた自分の携帯が使える

デメリット
・海外ローミングサービスの手続きや設定の変更が必要。
・滞在国内からの電話を受ける際にも日本を経由した国際電話となってしまう。
・端末紛失時、紛失と共に個人情報も紛失・流出。


それぞれ比較して旅行プランにあった海外携帯で楽しい旅行をお過ごし下さい。
テレコムスクエア