【運営者情報】
海外用レンタルWi-Fi募集代理店
合同会社 東京六大陸
〒248-0011
神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-8-9
鎌工会館303


<PR>旅行
トップ > 海外携帯を使う4つの方法
海外携帯を使う4つの方法
1.レンタル海外携帯
hr2.png
 現地回線と契約がされている携帯電話機を日本でレンタルする方法。
当サイトが扱う商品がこのタイプで、最も一般的。受け取りは、自宅への宅配、出発時に空港での受け取りを選ぶことが出来ます。また、 料金体系も明確で、空港にて返却すればその場で利用明細がもらえるレンタル会社もあり、領収書も発行されますのでビジネスにも向いています。

 万が一、お客様の責任における紛失・盗難・破損などのトラブル時にも諸費用がカバーされる任意の補償制度もあり、代替機のデリバリーサービスを用意している会社もございます。
24時間日本語対応のサポート体制を持つ会社も多く、サービス体制・補償制度が大きなメリットとなるでしょう。


海外携帯電話のサービス比較

hr2.png
2.国際ローミング
hr2.png
日本で利用している端末を、海外に持ち出して利用する方法。国際ローミング対応機種であることが必須条件。

◆au ---グローバルパスポート CDMA---
  メリット: Eメール、Cメール、EZweb閲覧、PCサイトビューアー閲覧
 
  デメリット: 渡航前ローミング設定/渡航先でのローミング設定/課金が1分単位
通話料金が国内の利用分と一括
 
  ---グローバルパスポート GSM---
  メリット: Eメール、Cメール、EZweb閲覧、PCサイトビューアー閲覧
手続きは、海外で利用前に海外モードに切り替えるだけ
 
  注意事項: Eメール、EZweb閲覧、PCサイトビューアー閲覧料金 ⇒ 50パケットまで50円(超過分は0.2円/パケット)
Cメール送信料 ⇒ 100円/通(受信料無料)
課金が1分単位
※詳細はau、wabサイト→サービス→国際サービス→渡航前確認 よりご確認ください。


◆docomo -----国際ローミングサービス WORLD WING-----
  メリット: iモード、iモードメール、SMS、等
 
  注意事項: 着信に料金がかかります。
フリーダイヤル等にも課金されます。
充電時に、「FOMA 海外兼用ACアダプタ 01」が必要。
パケット通信料の課金方法が異なります。1アクセス毎の最低料金がかかります。パケット通信料については、DOCOMOのwebサイトよりご確認ください。
海外でも自動的にパケット通信が発生する場合があります。
無料通信分の適用範囲が異なります。WORLDWING の通話・通信料は「パケ・ホーダイ」や「定額データプラン」など各種割引サービス適用対象外です。
※詳細はdocomo、webサイト→サービス・機能→海外で使う よりご確認ください。


◆softbank -----世界対応ケータイ-----
  メリット: S!メール(MMS)・ウェブ・TVコール等
 
  注意事項: My Softbank、ソフトバンクモバイルお客様センター、ソフトバンクショップからの申し込み。
S!メール(MMS)の受信方法を設定 ※「全文受信」をご利用の場合は、メール通信料が高額請求となることがあります。自動で「全文受信に設定されているものもございますのでご注意ください。
現地で設定を行う必要があります。
課金が1分単位
※詳細はSoftBank webサイト→サービス→世界対応ケータイサイトへ よりご確認ください。

hr2.png
3.現地プリペイド携帯を購入
hr2.png
長期滞在、同じ国へ何度も渡航する方、現地でweb環境を用意出来る人向け。
現地のケータイショップや、大手スーパーマーケットにてプリペイド携帯電話が購入出来ます。(例えばアメリカでなら、$25程度で本体購入可能)
購入後、現地言語での申込手続きや、サービス提供会社のwebサイトにて申請・登録が必要なため、一定の語学力があるのが望ましい。
料金支払方法には、webサイトからクレジットカードでの支払いや、現地ケータイショップや大手スーパーマーケットでトップアップカード(appleでいう、iTuneカードに相当)を購入する方法があります。

hr2.png
4.プリペイドSIM・ポストペイドSIMカードを購入
hr2.png
滞在国内通話料金と着信料金はお求め安いのですが、基本料金と携帯電話端末料金、事前手数料などがかかるので長期的に利用する方に向いております。
また、いくつかの国を行き来するよりも、一カ国に滞在される方のほうが、コストメリットがでます。

テレコムスクエア