【運営者情報】
海外用レンタルWi-Fi募集代理店
合同会社 東京六大陸
〒248-0011
神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-8-9
鎌工会館303


<PR>旅行
トップ > 世界各国 Wi-Fi事情 > ハワイのWi-Fi事情

ハワイのWi-Fi事情

ハワイWi-Fi

ハワイとWi-Fi

ハワイ・ワイキキAppleがiPhoneシリーズを投入して以降、インターネットを利用する媒体はスマートフォンやタブレットなど持ち運べる機器に急速にシフトしました。
これに伴い、有線がメインであったインターネット回線は、電波範囲内では有線での接続なしに自由に使える無線LANのWi-Fiが急速に普及しています。
ここ1年で日本でも、携帯電話事業会社が無線LAN機器をレンタルし普及が進んでいるため、飲食店や店舗を中心に街中で無料Wi-Fiが利用できるスペースがぐっと増えました。
そんな日本でもだいぶ身近に感じられるようになった無料Wi-Fiホットスポットですが、一歩海外に出ると接続の仕方や利用できる場所などが日本とは違っています。
ここでは日本人に人気の観光地ハワイのWi-Fi事情について、無料Wi-Fi使用可能なお店や施設を中心にご案内していきます。
ハワイでは無料のWi-Fiスポットが増えてきており、接続するのは難しくありません。ハワイではレンタカーを借りる人が多いのですが、最近はそれに加えて海外用Wi-Fiルーターをレンタルする人が増えてきています。

iPhone、スマートフォンが便利

ハワイ・イメージ1地図にガイドブックに語学ハンドブックに携帯電話に…様々なもの見ながら旅をする時代はもう終わりました。日本でも大多数の人が持つようになったiPhone、スマートフォン。ハワイ旅行のときにはぜひこれを活用しましょう。
現地ではレンタルWi-Fiルータや無料Wi-Fiスポットを利用することで、以前とは比べ物にならないくらいに通信費を抑えることができるので、気兼ねなく地図アプリを見たり、次の観光スポットを探したり、Skype等で待ち合わせの連絡をしたり、英語のフレーズを調べたりすることができます。facebookもtwitterもストレスフリーです。
また、iPhone自体をレンタルすることもできます。

ハワイ用iPhoneレンタルなら、
GAC(グローバルアドバンスドコミュニケーションズ)

Wi-Fi利用可能エリア、ショップのご案内

ここからはハワイでWi-Fiが利用できるスポットをご紹介していきます。レストランやカフェ、ショップ等については、基本的に店を利用する必要があります。

ホノルル国際空港

まずはハワイの玄関口、ホノルル空港です。ホノルル空港は様々な航空路線の中心として機能する国際空港で、24時間営業、日中夜間を問わず発着数が多いことでも知られています。
日本人の観光客やスタッフが多くいる空港ですので安心して利用できるでしょう。
この空港では2010年末より全空港内に無料Wi-Fiが提供されています。また他の空港同様、航空会社やクレジットカード会社の利用者専用のラウンジでは、インターネットに無料で接続できる専用パソコンが利用できます。

ホテル・コンドミニアム

ハワイのホテルやコンドミニアムではホテルによって無料あるいは有料のWi-Fiを提供しています。無料Wi-Fiの場合も提供はロビーエリアに限られていることありますので、Wi-Fi利用条件や利用可能場所を宿泊前に確認しておきましょう。利用に際してはフロントでパスワードを確認したり、ログイン画面で滞在する部屋の番号や名前を入力する必要があったりと、多くが宿泊者用に限られています。

ショッピングセンター ロイヤル・ハワイアン・センター

ロイヤルハワイアンセンターのWi-Fi ショッピングセンターでWi-Fiサービスを提供している施設もあります。ワイキキを代表するショッピングセンターであるロイヤル・ハワイアン・センターでは2階、3階フロアにて2時間まで無料のWi-Fiが提供されています。Wi-Fi設定画面で「RoyalHawaianCenter」を選択しましょう。選択後に表示されるログイン画面にて、サービス規約に同意(I have read and agree to the Terms of Serviceにチェック)してご利用ください。
テナントではアップルストア(下記詳細記事ご参照)、また、レジでもらうパスワードが必要になりますが、ザ・アイランド・ヴィンテージ・コーヒーというカフェでも利用可能です。ハワイ旅行ではだれもが訪れるショップですので、ぜひご利用ください。

ショッピングセンター アラモアナ・センター

オアフ島の中でも一番有名で大きく、屋外型のショッピングセンターでは世界最大の規模になるアラモアナセンターで無料Wi-Fiが利用できるのは、以下になります。アラモアナに入っている4つの大手有名デパートの1つのノードストローム、大型ブックストアのバーンズ&ノーブル、ロイヤル・ハワイアン・センターと同様にレジのパスが必要ですがザ・アイランド・ヴィンテージ・コーヒー、またマクドナルド、スターバックスでも利用できます。

免税店 DFSギャラリア

DFSギャラリアのWi-Fi ハワイで唯一の公認免税店であるDFSギャラリアでは、全館で無料Wi-Fiスポットが提供されています。Wi-Fi設定画面では「TGALLERIAPUBLIC」を選択しましょう。ログイン画面では利用規約が表示されていて、その下に「agree(同意)」ボタンがあります。そちらをクリックしてください。
今まで紹介した2つのショッピングセンターと比べると規模は小さいですが、上質なお土産品を探すのであればここはお勧めです。またコスメ売り場はハワイで一番の規模であり、日本語を話せるスタッフさんが対応してくれます

スターバックス

ハワイ、スターバックスのWi-Fi日本でもアメリカでも、Wi-Fiに困った時にはスターバックスが便利ですが、ハワイでももちろん無料のWi-Fiサービスが提供されています。ワイキキエリアには7か所店舗(2014年7月現在)があり、1店舗を除いて朝が早いワイキキらしく早朝4時半〜5時から、夜は22時〜23時まで営業しているので、困った時にはいつでも頼ることができます。
設定方法は、設定のWi-Fi選択画面で「Google Starbucks」のSSIDを選択します。選択後にブラウザを立ち上げるとログイン画面が表示されますので、「Accept & Connect」と書かれた緑のボタンをタップするのみでOKです。以前はスターバックスカードを購入しないとWi-Fiサービスは利用できませんでしたが、2010年以降は、完全に無料のサービスへと移行しました。上記で紹介したショッピングセンターにも店舗がありますので使ってみてはいかがでしょうか。

bills ワイキキ店

billsワイキキ店のWi-Fi2014年3月にビルズ(bills)がハワイ、ワイキキにオープンしました。あの bills がハワイでも食べられます。
勿論ここでも無料でWi-Fiが利用できます。Wi-Fi設定画面では「bills Sydnye」を選択しましょう。ログイン画面等は特になく、「bills Sydnye」を選択後に表示されるパスワード入力画面でパスワードを入力しましょう。パスワードは店員さんに確認してくださいね。

ちなみに、パンケーキ・卵料理・おいしい朝食といえばエッグスンシングス(Eggs'n Things)ですが、サラトガ・ロード沿いにあるフラッグシップ店では無料Wi-Fiの提供はありませんでした。

マクドナルド

マクドナルドでも無料Wi-Fiサービスが利用できます。ワイキキエリアの店舗では、カハラ・モールに隣接した店舗とアイナハイナ・ショッピングセンター店などがあります。設定画面ではスターバックスのとき同じく、「attwifi」のSSIDを選択します。日本と違い「マクドナルド」などのSSIDではないので気をつけましょう。

ザ・コーヒービーン&ティーリーフ

コーヒービーン&ティーリーフのWi-Fiカフェのザ・コーヒービーン&ティーリーフも無料Wi-fiサービスを提供しています。日本ではなじみがありませんが、コーヒー&紅茶を専門にしているカフェでハワイではオアフ島を中心に18店舗あります(2014年7月現在)。右の写真はダイヤモンドヘッド店。ダイヤモンドヘッドへ向かう坂の途中にあり、店舗の向こうにはワイキキのホテル群が青い空によく映えます。毎週土曜日に開催されるファーマーズマーケットの帰りに一杯。専門店だけにコーヒーの味もしっかりと美味しい。
Wi-Fi設定画面で「Hawaiian Telcom」を選択し、ログイン画面で利用規約に同意(I agree to the Terms of Useにチェック)します。

アップルストア

アップルショップのWi-FiアップルストアでもWi-Fiを利用することができ、店舗はロイヤル・ハワイアン・センターやアラモアナ・センターなどにあります。Wi-Fi設定画面では「Apple Demo」と「Apple Store」が表示されますが、「Apple Store」を選択しましょう。利用規約等に同意する必要もなくすぐに利用が可能です。
また、Apple社の製品であれば充電用のコードを携帯していなくてもお店のものを利用させてくれる場合もあります。「Wi-Fiが使いたい!だけど充電もない!」なんて非常時に重宝しますね。

キモビーン・ハワイアン・コーヒー

ハワイアン・コーヒーの粉や軽食を販売しているキモビーン・ハワイアン・コーヒーの店内も無料Wi-Fiが利用できます。

セーフウェイ カパフル店

またアメリカのなかでも有名なスーパーマーケットチェーンの1つ、セーフウェイのカパフル店もWi-Fiが利用できます。地元のスーパーでお土産を買ってみるのもよいのではないでしょうか。

TUCKEY & BEVVY Picnic Food店

TUCKEY & BEVVY のWi-Fi フレッシュフルーツスムージーやパニーニ、ラップサンド、トースト、サンドイッチなどの軽食が手に入るこのお店はワイキキ、クヒオビーチパークの南端にあるパークショアワイキキホテル内にあり、同ホテルの無料Wi-Fiが利用できます。Wi-Fi設定画面で「Park Shore Waikiki」を選択してください。
こちらのお店からクヒオビーチパークは目と鼻の先。美味しいサンドイッチを買ってビーチで食べるのもいいですね。

コーヒートーク

人気のローカルタウン、カイムキの中心地にあるカフェのコーヒートークも無料Wi-Fiが使え、地元客でにぎわっています。

コナ・ブリューイング・カンパニー ココ・マリーナ・パブ

地元のファミリーやカップルに人気のレストランがコナ・ブリューイング・カンパニー ココ・マリーナ・パブです。ここでもWi-Fiを利用することができます。

モーニング・ブリュー

カイルア・ショッピングセンターの中にあるカフェのモーニング・ブリューもWi-Fiがあり、PCを持ち込んで長居するお客さんも多いです。

キモビーンコーヒーカンパニー サラトガ店

他にもWi-Fiを利用できるカフェは多く、キモビーンコーヒーカンパニー サラトガ店もWi-Fiが使えます。

モカ・ジャバ・カフェ

モカ・ジャバ・カフェはベジタリアンメニューが豊富で地元の常連客も多いカフェです。

ジッピーズ カハラ店

地元発祥で、地元の人からも根強い支持を受けるレストランチェーン ジッピーズのカハラ店でも利用できます。

ホールフーズ・マーケット カイルア店

ホールフーズ・マーケット カイルア店はさまざまな地元商店が集まった市場でイートインも充実しています。

コーヒー・ギャラリー

ノースショアを観光するときにぜひ寄ってほしいのが、定番のお土産スポットであるコーヒー・ギャラリーです。ここはハワイ一ともいわれる人気のコーヒーのショップです。

ハワイでWi-Fiを利用するなら

ここまでご紹介したとおり、ハワイでは飲食店を中心に無料Wi-Fiスポットが多くの場所で提供されています。無料Wi-Fiスポットのデメリットとしては安全性に不安があります。私も利用する場合がありますがあやしい無料Wi-Fi にはアクセスしないように心がけますし、万が一を考えてネットショップ等などでクレジットカード情報を入力する行為も避けています。また、「いつでもどこでも」といかないのがフリーのWi-Fiスポットの難点。場所を移動しながらオススメのスポットを検索する、インターネット電話で通話しながら移動、といったケースではWi-Fiスポットでは力になれませんね。また、利用者が多いとスピードが遅くなることがありますし、なぜか何度トライしても繋がらない、なんてケースもあります。

ハワイ用Wi-Fiモバイルルーターレンタルのメリットは無料Wi-Fiスポットをそっくりそのまま裏返し、ですね。 個人での利用のため安全・安心。電波の届く限りいつでもどこでもご利用いただけます。しかもハワイ用Wi-Fiレンタルは各社4G端末を用意しておりますのでスピードもバッチリ。

ハワイに行く際に、「現地では絶対にスマートフォンやタブレットには頼らない!」「インターネットも電話もしない!」という方でなければ、Wi-Fiのルーターをレンタルした方がストレスなく旅行を楽しめるのではないでしょうか。
同時に10台までインターネットに接続できるタイプもありますので、家族と一緒に利用することもできますし、スマートフォンやタブレット、パソコンなどを同時に使う方にもオススメです。 有料ですが、無料Wi-Fiを駆使するよりも高速インターネット、シームレス、ストレスフリーでオススメです。

Wi-Fi絞込み検索
【海外用Wi-Fi 絞込み検索】
渡航先

受取空港・受取方法



※絞込み検索結果ページへジャンプします。

【関連記事】
アメリカ・ハワイ用の海外Wi-Fiレンタル比較ページ
海外用Wi-Fiのレンタル比較 トップ
海外Wi-Fi レンタルセット一式のご案内