【運営者情報】
海外用レンタルWi-Fi募集代理店
合同会社 東京六大陸
〒248-0011
神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-8-9
鎌工会館303


<PR>旅行
トップ > 世界各国 Wi-Fi事情 > イタリアのWi-Fi事情

イタリアのWi-Fi事情

イタリアwifi

イタリアのインターネット事情

イタリア・イメージ1イタリアは、日本に比べるとwifiスポットがまだ少ない状況です。ファーストフード店や本屋、ホテルなどではwifi接続ができる場所が徐々に増えてきていますが、ホテルでのwifi接続は有料となっている場合が多くなっています。イタリアでは無料のwifiスポットが少ないことから、イタリアの主要都市で公共施設にwifiフリースポットを増やそうとする活動が始まっています。公共のwifiフリースポットを設置する動きが出てきたことで、駅などの交通機関や市役所などでwifiが使える環境が少しずつ整いつつあります。

ミラノの無料wifi

イタリアのミラノ中心部の一部では、WiMiという無料wifiサービスが提供されています。WiMiの利用方法としては、各自のモバイル機器で表示されたサービスサイトから、自分のアドレスにSMSを送信します。その後にパスワードを受信してサイトに入力をすると無料wifiが使えるようになります。なお、WiMiのサービスは、1日で60分間の使用に限られいいるので注意が必要です。また、WiMiのネット接続には人数制限が設けられているため、なかなかネットに繋がらないケースもあります。

フィレンツェの無料wifi

フィレンツェ市では、広場などの公共施設で無料のオープンWifiが設置されています。オープンWifiへの接続方法としては、モバイル機器のログイン画面で氏名と携帯番号を入力して、指定された電話番号へ電話を掛けると画面にパスワードが表されます。そこで、パスワードを入力するとログインされてwifiが使用できるようになります。なお、フィレンツェのオープンWifiは使用できる時間が1時間に制限されているので、気を付ける必要があります。

Wi-Fi絞込み検索
【海外用Wi-Fi 絞込み検索】
渡航先

受取空港・受取方法



※絞込み検索結果ページへジャンプします。

wifiスポット

ホテル

イタリアのホテルではwifi環境があるところもあります。しかし、多くのホテルでは有料となっています。

カフェ・ファストフード店

イタリアのカフェやファストフード店では、無料のwifiスポットが設置されている場所がありますが、IDなどの登録が必要な場合もあるそうです。

フェラーリ特急「イタロ」

2010年にユーロ圏の国際旅客鉄道輸送が自由化されたことによって、イタリアではフェラーリの会長などの実業家やフランス国鉄が出資をした新旅客輸送会社が作られました。新旅客輸送会社では、ミラノからナポリまでを走る高速鉄道イタロの運営を始めています。イタロの車両はTGV第4世代の新型高速車両になっており、車体はフェラーリのような深いレッドになっていることからフェラーリ特急「イタロ」と呼ばれています。イタロはスタイリッシュな車体から、世界の鉄道ファンなどからの注目が集まっています。高速鉄道イタロはミラノからナポリを4時間40分台で移動することができ、また、現在フェラーリ特急は1日2報復となっていますが、今後は車両を増やす予定になっています。

シニョーリア広場

イタリアの有名な観光地として、シニョーリア広場があります。シニョーリア広場にはネプチューンの泉やダビデなどの彫刻が飾られており、またウフィッツィ美術館とヴェッキオ宮殿の2つの建物も並んで存在しています。ウフィッツィ美術館ではダ・ヴィンチやミケランジェロなどの世界的な名画が見学できます。さらに館内の廊下や天井が美しかったり、多くの場所にある彫刻など、見どころが多くなっています。一方、ヴェッキオ宮殿は今でも市庁舎として利用されていて、内部には500人広間やレオ10世の間、百合の間などの建造物が見られるようになっています。さらに宮殿の中庭では、メディチ家の紋章が入った建造物を見ることもできます。

サンタクローチェ広場

イタリア・イメージ2イタリアの観光地にサンタクローチェ広場があります。サンタクローチェ教会の前に広大な石畳が続いており、その石畳の広場がサンタクローチェ広場と言われています。石畳が長方形になっているために、古代サッカーがここで行われていたという歴史があり、そのためサンタクローチェ広場には世界のサッカーファンなどの観光客が多くいます。また、サンタクローチェ広場の中央付近から教会を見た景色は、ヨーロッパの風景を感じることができます。サンタクローチェ広場では、毎年6月には古式サッカーであるカルチョ・ストーリコの試合が行われており、試合の日は広場に土が入れられて、市街を4地区に分けたチームが競うことになっています。カルチョ・ストーリコは、格闘技さながらの試合が展開される魅力があります。

サント・スピリト広場

イタリアのフィレンツェでは、朝の市場や日曜日の市場が多くの広場で開かれています。そのような青空市場の中でも、有名なのがサント・スピリト広場で行われる市場です。サント・スピリト広場では、毎月第3の日曜日に有機市が開催されており、有機市では、フィレンツェ近郊の農家の人が作った無農薬野菜やパン、お菓子が売られています。また、売られている物にはパスタソースやチーズの他、天然素材で手作りした洋服や石鹸などもあります。さらにサント・スピリト広場では第2週の日曜日にアンティーク市が開かれています。アンティーク市には、古い時計やオシャレな毛皮などが販売されていて、また、古着の洋服や帽子などが多く出品されているため、目当ての物が見つかりやすいです。

ミケランジェロ広場

イタリアで最も有名な観光地がミケランジェロ広場です。ミケランジェロ広場には、その名の通りミケランジェロのダビデ像が建っています。また、ミケランジェロ広場は小高い丘にあるため、フィレンツェの街並みが眺望できるスポットとして人気があります。とくにミケランジェロ広場から望む夜景はオススメで、派手な光ではありませんが、オレンジ色を中心とした光が心を落ち着かせてくれるでしょう。なお、ミケランジェロ広場へ行くには、フィレンツェ駅のチケット売り場で、1ユーロの券を購入します。その後、10番の表示があるバスに乗れば、約20分で着きます。

サンティッシマ アンヌンツィアータ広場

サンティッシマ アンヌンツィアータ広場は、日本の映画撮影で使われた場所として有名です。サンティッシマ アンヌンツィアータ広場の真ん中には、ジャンボローニャ作のフェルディナンド1世の騎馬像がそびえています。壮大な騎馬像は圧巻となっていて、中世のイタリアを感じさせてくれる像と言えます。また、フェルディナンド1世の象徴である60匹の働き蜂に囲まれた女王蜂が入った建造物を見ることもできます。さらにサンティッシマ アンヌンツィアータ広場では不思議な形をした噴水があります。その噴水とは、ジャンボローニャの弟子であるピエトロ・タッカが作ったもので、背中合わせになって半魚人から水が噴き出ています。現代アート風の噴水は一見の価値があります。

ドゥオーモ広場

ドゥオーモ広場はピザの斜塔と並んだ観光地となっています。ドゥオーモ広場には、サン・ジョヴァンニ洗礼堂とドゥオモ・ジョットの鐘楼の建物があり、サン・ジョヴァンニ洗礼堂は、聖ジョヴァンニを祀る八角形の洗礼堂でキレイな大理石で造られています。また、3つのブロンズの扉が出入口となっていて、洗礼堂東の扉はミケランジェロが大絶賛した扉となっています。さらにサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂は、白やピンク、グリーンの大理石を使うことで幾何学模様を飾った大聖堂で、建物にある細かい装飾が美しいことが特徴です。

イタリアのwifiに対する結論

イタリアは、wifiスポットはまだ少ない!?

イタリア・イメージ3イタリアでは、カフェやファーストフード店などを中心に無料wifi環境を整えている場所が増えてきています。また、イタリアの都市部では公共施設にwifiスポットを設置していく動きも出始めており、その結果、公共施設でwifi接続が可能な場所も徐々に多くなりつつある状況が生まれています。しかし、イタリアではまだwifiスポットが少ないのが実情としてあり、ネット接続が難しい場所も少なくありません。また、wifi環境があったとしても、接続するには有料の場所も少なからず存在します。さらにイタリアでは無料wifiスポットを利用しようとしても、IDやパスワードの設定が必要になるケースが多く、wifi接続を行うのが難しい実態があると言えます。

【関連記事】
イタリア用の海外Wi-Fiレンタル比較ページ
海外用Wi-Fiのレンタル比較 トップ
海外Wi-Fi レンタルセット一式のご案内