【運営者情報】
海外用レンタルWi-Fi募集代理店
合同会社 東京六大陸
〒248-0011
神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-8-9
鎌工会館303


<PR>旅行
トップ > 世界各国 Wi-Fi事情 >韓国のWi-Fi事情について

韓国のWi-Fi事情

韓国でのWiFi事情について

韓国でインタネットを使うには…!?

韓国・イメージ1ソウルでは街中の至る所にフリーのWiFiが飛んでいます。さすが世界でも有数のIT都市です。しかも明洞のような中心部では同時にいくつかのフリーWiFiを見つけることができます。ただ、表示はされているけど繋がらない、繋がっても電波が弱いなど使い勝手はあまり良くありません。速度も速くはない場合がほとんどです。観光客をはじめたくさんの人が利用しているとすれば、回線が混雑して遅くなるのも当然と言えば当然ですね。どこでもネットに接続というにはまだちょっと物足りないかもしれません。ではソウルでインターネットに接続するには他にどういう選択肢があるのでしょうか。上記のフリーWiFiも含めると以下の3つになります。

 1. 携帯電話会社の国際ローミングサービスを利用する。
 2. 現地のフリーWiFiを利用する。
 3. ソウル用のモバイルWiFiルーターをレンタルする。

1. 国際ローミングサービス

現地の通信会社の回線を利用して日本で使用してるように自分のスマホを使用することです。ご存じの通り海外パケットし放題プランを別途契約・設定しておかないと、携帯電話会社からの請求額は青天井です。そういうプランを契約していない場合は、必ずモバイルデータ通信はオフに設定しておきましょう。ということでこちらの選択肢は経済的とは言えません。

2. 現地のフリーWiFiスポットを利用してみる。

ソウルは冒頭で触れたように、街中で飛んでいるWiFi電波をキャッチして利用する方法以外に、空港やデパート、カフェ、レストランで独自にフリーのWiFiを提供しているところがあります。そういったWiFiスポットを利用するのも一つの手です。

空港のフリーWiFiについて

・金浦国際空港
ソウル市に近くて羽田からの発着が多い金浦空港ではフリーWiFiがあります。「GimpoAir_FreeWiFi」というSSIDを選択するだけで特別な設定は必要ありません。

・仁川国際空港
仁川空港はソウルに向かうほとんどの国際便が離発着する空港として国の内外の人から利用されています。WiFiについては
特別な加入手続きや届け出は必要ありません。


街中のフリーWiFiについて

ソウルの中心部ではいくつかのフリーWiFiを見つけることができます。「iptime」「Public WiFi@Seoul」や江南でも「Gangnam WiFi」などのフリーWiFiスポットがあります。しかし冒頭の通り、接続は不安定な場合がほとんどであまり期待できません。繋がってWEBサイトを1、2ページ見ると再度接続中になったり再検索になったりと安定的に使用できない場合が多く、繋がらないWiFiに自動接続されることによってメッセージを送信中に途切れてしまうなど、逆にストレスに感じてしまうかもしれません。

韓国のフリーWiFi接続画面 韓国の公共WiFiホットスポットー 韓国の公共WiFiホットスポット2
接続画面 公共のホットスポット こちらもフリーのホットスポット

カフェのWiFiについて

ソウルには日本以上にコーヒーチェーンが充実しています。それらのお店ではお店ごとにWiFiサービスがあります。

・STARBUCKS COFFEE
世界中でおなじみのスターバックス。大きな駅なら大抵見つけることができます。
しかも名前とアドレスを入力するだけで簡単に無料WiFiサービスを受けられます。

韓国のスターバックスカフェ 韓国スタバのWiFi接続画面 名前をアドレスを入力してWiFiを利用
おなじみのスタバ スタバのWiFi接続画面 名前とアドレスを入力


・HOLLYS COFFEE
1998年韓国初のコーヒー専門店としてオープンしたHOLLYS COFFEE。明洞のような街の中心部では無料WiFiサービスが開放されています。店舗によってはパスワードが必要なところもありますので、その場合は店員さんに確認が必要です。
HOLLYSCOFFEEは韓国でも5本の指に入ると言われている大きなカフェチェーン。韓国初のエスプレッソブランドとしても知られていますが、現在ではマレーシアや中国、タイといった国にもお店を構えています。

・TOM N TOMS COFFEE
お店で焼き上げるプレッツェルで有名なTOM N TOMS。世界中に進出している韓国のコーヒー専門店。WiFiサービスも開放されていますが、こちらはレシートにパスワードが記載されており、それを入力して接続という形態を取っています。

韓国のHOLLYS COFFEE TOM N TOMS COFFEE外観 レシートに記載されたパスワードでWiFiに接続
HOLLYS COFFEE店舗外観 TOM N TOMS COFFEE外観 パスワードはレシートに記載


・PASCUCCI
イタリアから来たコーヒー専門店。明洞の店舗はWiFiサービスが無料で開放されています。店舗によってパスワードが必要な場合もあります。

Cafe PASCUCCI 外観 PASCUCCIが提供するフリーWiFi
PASCUCCI外観 明洞ではPW不要でした


・EDIYA COFFEE
EDIYA COFFEEは色々なメニューをリーズナブルな価格で楽しめるカフェです。独自メニューも沢山揃っていてwifiも利用可能です

EDIYA COFFEE提供のフリーWiFiにアクセス 台北駅の旅行者向けインフォメーションセンター
EDIYA COFFEEは青い看板が目印 PW不要ですぐ接続されます


・THE COFFEE BEAN & TEA LEAF
2015年に日本にも上陸したロサンゼルスを代表するスペシャルティコーヒーショップ。日本でも登録不要のワンタップ接続サービスを提供していますが、ソウルでも同様にワンタップで接続できます。

THE COFFEE BEAN & TEA LEAFのファサード THE COFFEE BEAN & TEA LEAF提供のフリーWiFi
THE COFFEE BEAN & TEA LEAFの外観 ワンタップで接続

デパートのWiFiについて

ソウルといえばショッピングという方もたくさんいるのではないでしょうか。ショッピングといえばデパートですね。こちらでもフリーでWiFiを提供しているところがあります。

・ロッテ百貨店
言わずと知れたソウルを代表するデパート。上層階の免税店は連日観光客で賑わっています。このデパートでは無料でWiFiサービスを提供しています。

・新世界百貨店
2014年にリニューアルされ、高級ブランドから食材まで何でも揃う人気デパート。こちらもフリーのWiFiを提供しているようなのですが、韓国語のみの案内で全く読めず接続を断念。韓国語がわからない場合はむやみにタップしない方が無難ですね。

新世界百貨店 新世界百貨店のフリーWiFiアカウント 新世界百貨店のフリーWiFiは韓国語での案内のみ
新世界百貨店 サービスは提供しているようですが、 韓国語での案内のみ。

3. 韓国(ソウル)用のモバイルWiFiルーターをレンタルしてみる

ソウル用のWiFiルーターは出発前に国内で簡単に予約することができます。予約後は出国前の専用カウンターで受け取ったり、自宅やオフィスに配達して事前に入手したりすることも可能です。利用料金も携帯電話会社の接続サービスよりリーズナブルなものが揃っています。一度接続してしまえば自動的に接続されるため公共のWiFiスポットのように毎回設定画面から選択する手間がかかりませんのでとても便利です。

・便利な利用方法1)地図アプリでナビゲーション
Googleマップがあれば目的地をタップするだけでナビゲーションしてくれます。これがあれば言葉がわからず人に聞けなくても目的地へたどり着くことができるはず。

・便利な利用方法2)インターネットで観光地検索
スマートフォンとモバイルWiFiルーターがあればガイドブックも不要です。その場でネット検索すれば通常のガイドブックには載っていないようなマイナーな観光地だって見つけることができるかもしれません。急に行きたくなった世界遺産などの営業時間もその場で確認できるので、行ってから閉まっていて見られなかったということもありません。

・便利な利用方法3)FacebookやLINEやInstagramなどのSNSも常時接続
旅先での感動をその場で友達とシェアできるのがSNSの醍醐味。モバイルWiFiルーターがあれば、今まさに起こったことをSNSでシェアすることも可能です。

韓国・ソウル地下鉄内でもつながる韓国用WiFiレンタル 南大門でもつながる韓国用WiFiレンタル 世界遺産・宗廟でもつながります。
地下鉄内でも接続。
目的地情報をすばやく収集できます。
南大門でも問題無。 世界遺産でも接続できます。
(「宗廟」にて)

韓国での「フリーWiFi」と「モバイルWiFiルーターレンタル」のメリットとデメリット比較

フリーWiFiのメリット

@完全に無料。これに尽きます。

フリーWiFiのデメリット

@セキュリティ面の不安があります。傍受される可能性があることも考慮して利用したいですね。(クレジットカード情報などの入力は避けた方が無難です。)
AフリーWiFiのエリアを離れると当然使用できなくなります。
B新しい場所に行くたびに毎回設定画面から接続しないといけません。


韓国でのモバイルWiFiルーターのレンタル
ソウル用レンタルモバイルWiFiルーターでは、フリーWiFiのデメリットがリーズナブルな利用料金と引き換えに解消できます。

@いつでも快適に使いたい!
A安心して使いたい!
B韓国語が話せなかったり、読めなくてフリーWiFiの有無やログイン画面の入力内容などが理解できるかが不安。

そんな方にはレンタルWiFiをお勧めします。出発前にソウル用WiFiルーターを予約して日本国内の主要国際空港で受取が可能。もちろん、宅配にも対応してます。


韓国用WiFiレンタルのメリット

@飛行機が着陸し電波を発する機器の使用許可が出た瞬間からインターネットにアクセスできます。
A初めて使用する時に一度パスワードを入力したらその後は自動接続。モバイルWiFiの電源を切っても、また電源を入れた時に自動で接続されます。
B自分だけのWiFiスポットなのでセキュリティも安心です。
C日本語の説明書付き。いざという時の連絡先も記載されているので安心です。
DフリーWiFiのように利用者が多くて速度が落ちる、なかなか繋がらないということがありません。自分専用のWiFiスポットです。

韓国用WiFiレンタルのデメリット

レンタルするのに金額がかかるほかに1点だけデメリットがあります。
それはフェアユーセージポリシーがあること。レンタル用WiFiは利用出来るデータに制限があります。 youtubeやfacebookに投稿された動画の長時間のチェック、大容量データの送受信は控えたほうがよいでしょう。


番外編 韓国のコンセントの形状について

韓国のコンセントの形状はどんな形なの?
ソウルのコンセントは2種類あります。日本と同じAタイプと主に欧州で採用されているCタイプです。(一部SEタイプもあります。) しかもそれぞれ電圧が違いますので注意が必要です (Aタイプは110V、Cタイプは220Vです!) しかし心配はご無用。韓国用のWiFiをレンタルするとレンタルセットの中にCタイプ専用のアダプターが同梱されますので安心です。

韓国のコンセント画像
ソウルのコンセント形状(AタイプとCタイプ)

結論

韓国でのインターネット接続について

韓国・イメージ3韓国、特にソウルの市内ではwifi環境が充実しており自由にwifiを利用環境ですが、使い勝手や安全性を考慮すると韓国用のモバイルWiFiルーターがオススメです。
1日あたりのレンタル料も600円前後とリーズナブル。パスワードを何度も入力することもなく、フリーWiFiスポットを探す必要もなく、安全に使えて、スマホだけでなくパソコンや友達の端末でも利用が可能。韓国旅行に必須のアイテムです。



(調査:2016年6月)


【関連記事】
韓国用の海外Wi-Fiレンタル比較ページ
海外用Wi-Fiのレンタル比較 トップ
海外Wi-Fi レンタルセット一式のご案内