【運営者情報】
海外用レンタルWi-Fi募集代理店
合同会社 東京六大陸
〒248-0011
神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-8-9
鎌工会館303


<PR>旅行
トップ > レンタルテザリング > アメリカで使えるレンタルテザリング

アメリカで使えるレンタルテザリング



業界初、テザリングの海外レンタル

アメリカで利用可能な海外用のレンタルテザリング 比較表

(2016.06.27 更新)

現在、デザリング機能付スマートフォンは、
テレコムスクエア社の公式ホームページよりお申し込みいただけます





ブランド名


テレコムスクエア
アメリカで使えるテザリング。テレコムスクエア。




アメリカでの
テザリングレンタルは
テレコムスクエア社のみ
ご利用いただけます。


現在サービス停止中です。
ご了承ください。


アメリカでの
テザリングレンタルは
テレコムスクエア社のみ
ご利用いただけます。


現在サービス停止中です。
ご了承ください。


PRバナー

テザリングレンタルならテレコムスクエア

-

-


通信料 / 通話料
※レンタル料含む

現在アメリカでのレンタルサービス停止中です。ご了承ください。

<Wi-Fiルータ機能>
海外パケット定額
※レンタル料金に含む

<通話機能>
アメリカ国内発信 60円/分
アメリカ国内着信 50円/分
日本へ発信 120円/分
日本から着信 50円/分

-

-

搭載アプリ

GoogleMAP / Facebook /
Twitter / G-Mail / Youtube /
Androidマーケット

-

-

キャンペーン
内容

テレコムスクエアでは空港での受取・返却等に手数料はかかりません。

-

-

レンタル料

無料

-

-

空港受渡料

ナシ

-

-

空港拠点

成田羽田関空中部福岡

-

-

お申込み

テザリング機能付きスマートフォンはテレコムスクエア社公式ページよりお申込みいただけます。

-

-


---------Wi-Fi機能だけで充分!という方は、---------
”海外用レンタルWi-Fi比較” の情報ページへ

---------スマートフォンをレンタルしたいぞ、という方は、---------
”レンタル用スマートフォン比較” の情報ページへ

---------テザリング端末と、Wi-Fiルータ、携帯電話の機能比較は---------
”テザリング 海外レンタル” の情報ページへ

 1台あれば、同時に5台まで(XperiaやiPhone、iPadやWindows PC、Mac book 、無線LAN内蔵ゲーム機など)、Wi-Fiルーターで無線LANと接続しインターネットにアクセスできます。家族・友人のスマートフォンをつなげてまとめて海外パケット定額!定額制だから今まで気になっていた海外ローミング時のパケット代が無料!!ローミングではなく“現地”の電話会社の回線を利用するから定額制のレンタルサービスが可能になりました。 そして、通話もできます。

 テレコムスクエアは、成田空港羽田空港関西国際空港中部空港福岡空港で受取OK!
宅配なら全国各地のお客様へ出発前日にお届けいたします。


アメリカ 渡航便利情報

アメリカ国旗
 国名  アメリカ合衆国
 国際電話番号  1
 首都  ワシントンD.C.  最大の都市は、ニューヨーク
 通貨  USドル(USD)
 言語  英語
 時間帯  東部(EST) UTC-5     日本との時差:-14時間
 中部(CST) UTC-6     日本との時差:-15時間
 山岳部(MDT) UTC-7     日本との時差:-16時間
 太平洋(PDT) UTC-8     日本との時差:-17時間
 アラスカ(AKDT) UTC-9     日本との時差:-18時間
 ハワイ(HST) UTC-10     日本との時差:-19時間
 Daylight saving time  デイライトセービングタイム(=サマータイム)期間中の時差は以下の通り。
   ※2010年のDSTは、3月28日(月)1時〜10月31日(日)2時まで

 東部(EST) UTC-5    日本との時差:-13時間
 中部(CST) UTC-6    日本との時差:-14時間
 山岳部(MDT) UTC-7    日本との時差:-15時間
 太平洋(PDT) UTC-8    日本との時差:-16時間
 アラスカ(AKDT) UTC-9    日本との時差:-17時間
 ハワイ(HST)    ハワイ州はサマータイムを採用していない。
 概要    日本語での正式名称は、アメリカ合衆国。通称は、アメリカ、合衆国(合州国)(がっしゅうこく)、米国(べいこく)など。幕末や明治初期にはアメリケン(メリケン)と呼ばれた。American の発音がそのように聞こえたためと考えられる。このため、メリケンの漢字表記「米利堅」の最初の一文字を取って米国と略称され始める。ただし、日本語でのより一般的な漢字表記は亜米利加であり、これが由来だとする説もある。中国語では「美国」と表記される。「美国」より以前には「花旗国」と呼ばれていた。これはアメリカの国旗(星条旗)を見た中国人が、そのデザインを気に入り「花のように美しい旗の国」と表現したためである。たとえば1902年に上海に支店を出したシティバンクは花旗銀行と呼ばれている。

 国名の Americaは、アメリカ大陸の名、すなわち、イタリア人の探検家アメリゴ・ヴェスプッチのラテン語名から付けられた。
 ビザ  日本のパスポートを所持している場合、観光や商用で短期滞在(90日以内)する場合であればビザは不要。ただし、2009年1月12日から新たに電子渡航認証システム(ESTA)が導入されており、アメリカ合衆国に入国する場合、渡航の3日前までに同省がウェブサイト上に開設するシステムで入国を事前申請し、承認を得なければならない。

 申請内容は、現在アメリカ合衆国の入国カードに記載されている質問内容(犯罪歴・訴追歴の有無、強制退去や合衆国への入国拒否等の履歴の有無、禁制品持ち込みの有無等)。事前申請の有効期間は2年で、一度取得すれば有効期間中は複数回使用可能。なお、事前承認を得ても、別途入国地点での入国審査は必要となる。

北米 首都マップ

トップへ戻る