スリランカで使える
レンタル携帯電話

海外旅行にもビジネス渡航にも、いつでも話せる・つながる安心を!

海外用携帯電話端末

スリランカで利用可能なレンタル携帯電話 比較表
(2018.11.26 最新情報)

海外WiFiブランド
テレコムスクエア
テレコムスクエアを予約する
グローバルセルラー
グローバルセルラーを予約する
JAL ABC
JAL ABCを予約する
グローバルモバイル
グローバルモバイルを予約する
ニッテル
ニッテルを予約
レンタル料金
無料 / 日 当サイト経特別キャンペーン中。 別途通話料がかかります。 無料 / 日 当サイト経特別キャンペーン中。
レンタル料金無料特典は渡航期間30日まで。30日を超えた期間は648円 / 日のレンタル料金が発生します
別途通話料がかかります。
250円 / 日 別途通話料がかかります。 150円 / 日 別途通話料がかかります。 短期14日まで
108円 / 日
盗難損害補償
108円 / 日 別途通話料がかかります。
手続き料金
なし なし なし 初回手続き料金:1,620円
二回目以降:540円
取扱手数料:1,080円
通話料
【発信】
8.1円/秒(486円/分)
【着信】
6.5円/秒(390円/分)


--課金方法--
秒課金
※個別の通話は秒単位で精算し、精算時点の総通話時間の集計時のみ、秒を分に切り上げ分単位で請求いたします。
【発信】
5.3円/秒(320円/分)
【着信】
5.3円/秒(320円/分)


--課金方法--
秒課金
【発信】
290円/分
【着信】
290円/分


--課金方法--
分課金
スリランカではご利用いただけません ----国内----
【発信】
85円/分
【着信】
85円/分

----国際----
【発信】
140円/分
【着信】
140円/分


アジア周遊プラン
受取・返却 方法と場所
【受取可能空港】
成田空港
羽田空港
中部国際空港
関西国際空港
福岡空港
高松空港
新千歳空港
【受取可能空港】
成田空港
羽田空港
中部国際空港
関西国際空港
福岡空港
新千歳空港
【受取可能空港】
成田空港
羽田空港
関西国際空港
【受取可能空港】
成田空港
羽田空港
中部国際空港
関西国際空港
【受取可能空港】
【その他受取可能方法】
宅配
【その他受取可能方法】
宅配
東京本社(渋谷)
【その他受取可能方法】
宅配電話申込時のみ宅配受取可能
【その他受取可能方法】
宅配
【その他受取可能方法】
宅配
受取・返却 手数料
【受取】
空港カウンター:0円
宅配受取:本州821円、その他1,028円

【返却】
空港カウンター:0円
宅配返却:実費
【受取】
空港カウンター:0円
宅配受取:0円

【返却】
空港カウンター:0円
宅配返却:実費
受取】
空港カウンター:0円
宅配受取:750円電話申込時のみ宅配受取可能
【返却】
空港カウンター:0円
【受取】
空港カウンター:0円
宅配受取:0円
羽田空港のみ手数料540円
【返却】
空港カウンター:ナシ
郵送返却:実費
【受取】
空港カウンター:0円
郵送受取:0円

【返却】
空港カウンター:ナシ
郵送返却:0円
オプション
【補償制度】
安心補償スタンダード
216円/日
安心補償プラス
324円/日
安心補償プラス+コンシェルコール
432円/日

【事前番号案内】
432円/日

【WEB当日申込サービス】
540円/回
【補償制度】
あんしんパック
216円/日
あんしんパックフル
324円/日
あんしんパックプラス
756円/日

【事前番号お知らせサービス】
108円/日
【補償制度】
安心補償
210円/日
【補償制度】


【その他】
明細発行オプション
1,080円/月
【補償制度】
短期プラン 100円/日
中期プラン 1,500円/日
長期プラン 900円/日

【その他】
明細発行オプション
1,080円/月
お申込み画面キャプチャ
テレコムスクエアの申込サイト グローバルセルラーの申込サイト JAL ABCの申込サイト グローバルモバイルの申込サイト ニッテルの申込サイト
お申込み
海外wifiレンタル


スリランカで使える海外携帯の他、
スリランカで使える海外Wi-Fiレンタルもございます。

スリランカの携帯電話レンタルについて

渡航先に合わせた海外電話回線と携帯電話端末のセットに加え、現地で充電いただける充電機、コンセント変換プラグ(必要な国のみ)、はじめて操作される方にも分かりやすく説明した日本語のオリジナル取扱説明書等をセットにしてお渡しいたします。スリランカ到着後すぐにご利用いただけるよう電池の充電を満タンの状態にしてお渡しいたします。

スリランカ 渡航便利情報

スリランカ国旗
国名 スリランカ民主社会主義共和国(略称:スリランカ)
イギリス自治領時代は「セイロン」、その後「スリランカ共和国」となり、1978年に現在の国名となる。「美しく光り輝く島」という意味。
国際電話番号 94
首都 スリジャヤワルダナプラコッテ (最大の都市はコロンボ)
通貨 スリランカ・ルピー (LKR) 補助通過はセント。1ルピー=100セント。
言語 シンハラ語、タミル語(公用語) / そのほか、英語も使われている。
時間帯 UTC +5:30 (参考:日本 UTC+9)
Daylight saving time デイライトセービングタイム=サマータイム
スリランカにはサマータイムはない。
日本との時差 -3:30時間
地理 スリランカはインド南東沖のインド洋に浮かぶセイロン島が主要な領土。
概要 セイロンティーに代表されるように、紅茶の名産地。紅茶のみならず、コーヒーや砂糖、稲作などの一次産業が盛んだが、観光業や金融業なども近年伸びてきている。
スリランカには2500年以上の歴史があり、世界遺産に登録された文化遺産も6件と多い。

アジア首都マップ