フィジーで使える
レンタル携帯電話

海外旅行にもビジネス渡航にも、いつでも話せる・つながる安心を!

海外用携帯電話端末

フィジーで利用可能なレンタル携帯電話 比較表
(2018.11.26 最新情報)

海外WiFiブランド
テレコムスクエア
テレコムスクエアを予約する
グローバルセルラー
グローバルセルラーを予約する
JAL ABC
JAL ABCを予約する
グローバルモバイル
グローバルモバイルを予約する
ニッテル
ニッテルを予約
レンタル料金
無料 / 日 当サイト経特別キャンペーン中。 別途通話料がかかります。 無料 / 日 当サイト経特別キャンペーン中。
レンタル料金無料特典は渡航期間30日まで。30日を超えた期間は648円 / 日のレンタル料金が発生します
別途通話料がかかります。
250円 / 日 別途通話料がかかります。 150円 / 日 別途通話料がかかります。 短期14日まで
108円 / 日
盗難損害補償
108円 / 日 別途通話料がかかります。
手続き料金
なし なし なし 初回手続き料金:1,620円
二回目以降:540円
取扱手数料:1,080円
通話料
【発信】
8,1円/秒(486円/分)
【着信】
6.5円/秒(390円/分)


--課金方法--
秒課金
※個別の通話は秒単位で精算し、精算時点の総通話時間の集計時のみ、秒を分に切り上げ分単位で請求いたします。
【発信】
6.0円/秒(360円/分)
【着信】
6.0円/秒(360円/分)


--課金方法--
秒課金
フィジーではご利用いただけません フィジーではご利用いただけません フィジーではご利用いただけません
受取・返却 方法と場所
【受取可能空港】
成田空港
羽田空港
中部国際空港
関西国際空港
福岡空港
高松空港
新千歳空港
【受取可能空港】
成田空港
羽田空港
中部国際空港
関西国際空港
福岡空港
新千歳空港
【受取可能空港】
成田空港
羽田空港
関西国際空港
【受取可能空港】
成田空港
羽田空港
中部国際空港
関西国際空港
【受取可能空港】
【その他受取可能方法】
宅配
【その他受取可能方法】
宅配
東京本社(渋谷)
【その他受取可能方法】
宅配電話申込時のみ宅配受取可能
【その他受取可能方法】
宅配
【その他受取可能方法】
宅配
受取・返却 手数料
【受取】
空港カウンター:0円
宅配受取:本州821円、その他1,028円

【返却】
空港カウンター:0円
宅配返却:実費
【受取】
空港カウンター:0円
宅配受取:0円

【返却】
空港カウンター:0円
宅配返却:実費
受取】
空港カウンター:0円
宅配受取:750円電話申込時のみ宅配受取可能
【返却】
空港カウンター:0円
【受取】
空港カウンター:0円
宅配受取:0円
羽田空港のみ手数料540円
【返却】
空港カウンター:ナシ
郵送返却:実費
【受取】
空港カウンター:0円
郵送受取:0円

【返却】
空港カウンター:ナシ
郵送返却:0円
オプション
【補償制度】
安心補償スタンダード
216円/日
安心補償プラス
324円/日
安心補償プラス+コンシェルコール
432円/日

【事前番号案内】
432円/日

【WEB当日申込サービス】
540円/回
【補償制度】
あんしんパック
216円/日
あんしんパックフル
324円/日
あんしんパックプラス
756円/日

【事前番号お知らせサービス】
108円/日
【補償制度】
安心補償
210円/日
【補償制度】


【その他】
明細発行オプション
1,080円/月
【補償制度】
短期プラン 100円/日
中期プラン 1,500円/日
長期プラン 900円/日

【その他】
明細発行オプション
1,080円/月
お申込み画面キャプチャ
テレコムスクエアの申込サイト グローバルセルラーの申込サイト JAL ABCの申込サイト グローバルモバイルの申込サイト ニッテルの申込サイト
お申込み
海外wifiレンタル


フィジーで使える海外携帯の他、
フィジーで使える海外Wi-Fiレンタルもございます。

フィジーの携帯電話レンタルについて

渡航先に合わせた海外電話回線と携帯電話端末のセットに加え、現地で充電いただける充電機、コンセント変換プラグ(必要な国のみ)、はじめて操作される方にも分かりやすく説明した日本語のオリジナル取扱説明書等をセットにしてお渡しいたします。フィジー到着後すぐにご利用いただけるよう電池の充電を満タンの状態にしてお渡しいたします。

フィジー 渡航便利情報

フィジー国旗
国名 フィジー共和国(1998年から2011年まではフィジー諸島共和国)
国際電話番号 679
都市 首都:スバ  最大の都市:ナシヌー
通貨 フィジー・ドル(FJD)
言語 英語、フィジー語
時間帯 UTC +12 / DST : +13 (参考:日本 UTC+9)
Daylight saving time デイライトセービングタイム(DST)=サマータイム
フィジーではサマータイムが実施されています。
※南半球のため、サマータイム実施期間は日本の冬の時期になるのでご注意ください。
日本との時差 +3時間 (サマータイム期間は+4時間) 日本が朝9時の時、フィジーでは昼の12時。
気候 フィジーは常夏の国。乾季と雨季の違いはありますが年間を通して温暖で、日本の夏の服装で十分です。乾季の6、7、8、9月頃は朝夕と肌寒くなることもあるので、一枚羽織るものがあると便利です。

オセアニア首都マップ